外観

物件データ

所在地
東京都杉並区堀ノ内3丁目
交 通
丸ノ内線 「新高円寺」駅 徒歩7分
構 造
鉄筋コンクリート造
規 模
地上3階建て 12世帯
延床面積
620.55m2
竣 工
2010年11月末
物件種別
住居併用賃貸マンション

ポイント

騒音など住宅街に配慮した解体・建築工事
隣接した小学校との工事工程の調整
防犯性を考慮したゆとりある配置計画
周辺環境と調和した色彩や外観デザイン

断熱性・気密性の高い木造賃貸アパート

敷地に対する「ゆとり」が、より存在感と落ち着きを引き立てる

学校に隣接した閑静な住宅街の一角。影の落ちやすい北側に「ゆとり」をもたらす事で、低層住宅が広がる周囲との調和を損なうことなく、落ち着いた雰囲気と存在感が印象的な、住居併用賃貸マンションが完成しました。

洗練されたデザイン

煙突の解体 鉄筋カゴ 基礎配筋
JIOの検査 コンクリート打設後 1階床配筋
コンクリート打設 2階スラブ コンクリート打設

洗練されたデザイン

全体的に重厚感ある「茶」を基調として、出来る限りシンプルにまとめてみました。メインとなるエントランスのみ、タイル質を大きく変えて、アクセントとなるようにしつつも、「灰色」を使い、落ち着いた雰囲気になるよう配慮しています。黒の中に、シルバーなモールがおしゃれな玄関ドアは、それだけで、外観からのアクセントとなります。南側の道路面沿いには、植栽を配置して、目隠しとしつつも、柔らかい印象を与えています。また、ベランダ前に避難用通路(2m)を設ける事で、防犯性と安全性を高め、入居者に、安心感を与える事が出来ました。

外観 外観 外観

光る鏡面のドアをがアクセントにもなるエントラス内は、外観とは対象的に、明るい色調のタイルを壁面に使用し、床には、濃いこげ茶のタイルを使って、雰囲気を引き締めています。オートロックの操作台も、間接照明と石をさりげなく使い、高級感をかもしだしています。片引きの自動ドアにも、両開き扉と同じデザインモールとすることで、一体感をだしています。

エントランス エントランス エントランス
共有部分 共有部分 共有部分
玄関から 下駄箱 ガス2口システムキッチン
居室 居室 独立洗面台とトイレスペース
独立洗面台 ユニットバス ユニットバス

共有スペース

共有スペース

共有スペース

夜の外観

夜の外観

担当営業からひと言
企画設計部 企画設計部
二級建築士
石井悠紀
白を基調とした室内は、温かみのある茶色をアクセントとしました。全室南向きという事で、温かな光が、優しく明るい空間を生みだしてくれます。休日には、校庭で遊ぶ子供たちの、風にのって聞こえてくる声に耳を傾けながら過ごすのも、また良いかもしれませんね。

建築ガイドのご請求はコチラから