(仮称)SP・M 竣工


4月から始まった(仮称)SP・Mが約6か月間の工期を経て竣工となりました。

お施主様に建物の案内をし、書類等をお渡しして引渡しとなりました。

ご協力いただきましたご近隣の皆様、職人の皆様ありがとうございました。

 

完成した様子をご紹介します。

【外観】

【廊下・キッチン】

床・壁は白を基調とし窓を設けることで、暗くなりがちな廊下でも明るい空間になりました。

キッチンは廊下でも圧迫感をなくし、広く感じられるように白で統一されています。

3口コンロ・グリル付になっているので、料理もしやすいキッチンです。

建具はメープル色でアクセントを付けました。

 

【LD・洋室】

(LD)      (LD)

LD・洋室ともにエアコンが備え付になっています。

LDと洋室は引違戸で区切り、ガラス入りの戸にすることで光が差し込むようになっています。

照明はLEDを使用し、明るさもリモコン1つで操作できます。

(洋室)

(可動棚)         (ウォークインクローゼット)

洋室には収納を2か所設け、1つには可動棚を設置し、入れる物に合わせて収納ができるようになっています。

また、他にウォークインクローゼットがあるので、大容量の収納スペースがあります。

 

以上で(仮称)SP・Mの工事は終了となります!

新しい工事も始まっていますので今後ともよろしくお願いします!

 

 

 

 

建築・リフォーム・管理に関するご相談は大幸ホームへ

賃貸・不動産・売買に関するご相談は大幸住宅へ

(仮称)サットンプレイス・W新築工事


 

今回は7月下旬より始まった新築工事『(仮称)サットンプレイス・W』を時系列に沿ってご紹介します。

こちらは2世帯の長屋賃貸住宅(共用部分を持たない形式)です。

1世帯当たり約15坪の広々とした設計で小家族での入居にも対応しています。

 

・地鎮祭(7月下旬)

晴天に恵まれました。

 

・基礎配筋検査(8月初旬)

基礎配筋検査

着工後、基礎を作るための配筋を行い、検査を受けました。

社内検査に加え、住宅瑕疵担保履行法に則り、第三者機関の検査を受け無事合格しました。

これにより、コンクリートの打設が開始出来ました。

 

・上棟(9月中旬)

建方

幣串

基礎完成後、躯体(くたい)をつくっていきます。

まだまだ暑い中でしたが、職人の方々の堅実な仕事ぶりによって棟が上がりました。

 

・躯体検査(9月下旬)

躯体検査

社内検査後、第三者機関の検査を受け無事合格しました。

躯体検査についてはこちらの記事を参照下さい。

これにより住宅瑕疵担保履行法に則る検査はすべて合格となり、内部の工事が本格的に始まりました。

 

今回はひとまずここまで。工事が進みましたらまたご紹介します。お楽しみに!

 

 

建築・リフォーム・管理に関するご相談は大幸ホームへ

賃貸・不動産・売買に関するご相談は大幸住宅へ

 

 

(仮称)SP・M 内装・外装工事


躯体工事の次は壁・天井に断熱材を入れた後にボードを張ります。

断熱材①    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑断熱材

断熱材を入れることで、外気温度を室内に伝わりにくくすることによって

冷暖房のエネルギー消費を抑えるとともに、建物内外の温度差を小さくすることで

結露発生を防ぎます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑ボード張り

ボードを張ることによってだいぶ部屋らしくなりました!

 

 

一方、外壁にはサイディングが張られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベースは白でアクセントに青と石調のサイディングを使用し、爽やかな印象になりました。

 

 

建築・リフォーム・管理に関するご相談は大幸ホームへ

賃貸・不動産・売買に関するご相談は大幸住宅へ

(仮称)SP・M 躯体検査


建て方が終わり、住宅瑕疵担保履行法により保険法人の第二回「躯体検査」が行われました。

構造部材や接合金物等がしっかり施工されているか、図面と照らし合わせながらチェックしていきます。

JIO

躯体検査も無事に「合格」しました!

 

木造の耐震性を確保するために重要な金物をご紹介します。

 

ホールダウン金物②

↑ホールダウン金物

土台(どだい)を介して柱と基礎を緊結しています。

強い衝撃により土台から柱が抜けるのを防ぎます。

 

筋かいプレート②

↑筋かいプレート(すじかいプレート)

筋かいと柱を接合しています。

ビスが指定数留まっているか全数チェックします。

筋かいを設けた耐力壁(たいりょくへき)により外力(がいりょく)に抵抗し、倒壊を防ぎます。

 

火打ち金物③

↑火打ち金物(ひうちかなもの)

小屋組み(こやぐみ)などの角の補強をするために斜めに入れる部材です。

地震や台風時に発生する水平力に抵抗します。

 

適した位置に適した金物を使用することで耐震性を高めています。

 

 

軸組みイラスト

※イラストはイメージです。建築用語の説明として参考にご覧ください。

 

建築・リフォーム・管理に関するご相談は大幸ホームへ

賃貸・不動産・売買に関するご相談は大幸住宅へ

(仮称)SP・M 上棟式


6月に入り、(仮称)SP・Mでは躯体工事が始まりました。

職人さんたちの手際の良さにより、午後には棟が上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

更地から躯体が出来上がってくるのは感動しますね!

建物の四隅に塩・米・酒を撒いてお清めをして

夕方からは上棟式を行い、お施主様からお料理と労いのお言葉をいただきました!

 

 

建築・リフォーム・管理に関するご相談は大幸ホームへ

賃貸・不動産・売買に関するご相談は大幸住宅へ

次のページ →